【千葉市T邸】軒裏天井の張替・破風板の塗装をしました《お住まいのお悩みは保工務店へ》

更新日:2021年11月5日

千葉市のT様のお宅にて、軒裏天井の張替・破風板の塗装をしました。

『軒裏天井』とは、外壁から外側にせり出している天井部分のことを指します。
雨風が直接外壁に当たらないようにする「傘」の役割だけではなく、万一の火災の際の延焼を抑える役目も持ち合わせています。
軒裏天井は、雨風の影響を直接受けますので劣化しやすい箇所でもあると言えます。
雨漏れの原因ともなるシミや、剥がれ、苔やカビの発生などもよく見受けられます。
そのような場合は早急なメンテナンスが必要となります。

『破風板』は、あまり聞き馴染みがないかもしれませんが「はふいた」と読みます。建物屋根の端側を指します。一般的な住宅の屋根の形状である、「切妻造(きりづまづくり)」は、本を開いたまま伏せたような形をしています。
この切妻屋根は三角形になっていて、三角形の壁面が妻・三角形の斜辺部分が破風(はふ)と呼ばれます。
破風の部分に取り付けられている板のことを「破風板(はふいた)」といいます。
防火や、雨風から家自体を守る役目があり、雨樋の基礎としての効果も持ち合わせています。

今回は上記のような、お住まいを守る上で、縁の下の力持ちとしての役割を担う、軒裏天井の張替・破風板の塗装をしました。

施工前

破損があると、雨や風の侵入から更に酷い破損を招いたり、断熱性の低下など家自体への影響も大きくなります。また、鳥や虫だけでなく、害獣の侵入被害なども起こる可能性が高まります。
張替えと塗装を施すことで、見た目だけでなく安全性も抜群に高まりました。
これからやってくる寒い冬も、暖かく過ごせます。

施工後

千葉市中央区の保工務店では、千葉市(中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区・美浜区)を中心に、お住まいのお悩みに対応いたしております。

・壁に開いてしまった穴、見栄えも悪いし直したい
・高齢の両親に合わせてお住まいをバリアフリーにしたい
・子どもが独立して家を出たので、夫婦の趣味部屋を作りたい
・最新のお風呂に入りたい!

など、お住まいに関してのお悩みならどのようなことでもご相談ください!
住まいのプロフェッショナルである保工務店にお任せください。

043-263-1420

お問い合わせ受付時間:平日・土曜日 9:00~18:00
定休日:日曜日
土・日・祝日もお客様のご要望にあわせて作業を承っております。

  1. 保工務店・施工事例(和室の壁の塗替え)
PAGE TOP